*

海外インターンシップで現地の学校で先生に

国際化社会です。日本でも、学校に一人や二人外国の子供が居る時代になってきました。授業はもちろん日本語ですが、その子は日本語が話せないかもしれない聞き取れないかもしれない。先生も大変になってきますよね。先を見据えて英会話を習っている人なんてそういないでしょうし、学生時代留学していたので英語はペラペラですなんて人は他の仕事についていそうです。

 

海外インターンシップで世界が開けるかも

 

幼い外国の子供と接したり、外国の文化を学びたい人は海外インターンシップという制度があります。海外の学校で先生として働いたり、現地の先生の補佐をしたりします。なかなかできない経験だと思います。日本と海外の学校の違いを知る良い機会になるかもしれませんね。両方のいい所を知ることができます。



コメントする